アフロディテ像

ミロのヴィーナス(Venus de Milo)


うずくまるアフロディテ


アフロディテに迫る山羊の角を持つ牧神パン

1820年、オスマントルコ統治下のエーゲ海ミロス島で発見された。フランスの海軍提督ジュール・デュモン・デュルヴィルは、トルコ政府から買い上げルイ18世に献上し、ルイ18世はルーヴル美術館に寄付した。ルーヴルを出て海外へ渡ったのは、1964年の京都での特別展示のみである。

アフロディテが湯浴みをしているところを、招かざる人物にのぞかれ、驚いて裸体を隠そうとうずくまる姿。

牧神パンに言い寄られたアフロディテが左足のサンダルで叩こうとしている場面。中央の子供がエロス。
ルーヴル美術館
フランス パリ

大英博物館
イギリス ロンドン

アテネ考古学博物館
アテネ ギリシア

Venus and Cupid

湯上りのアフロディテ
 
愛の神キューピッド(Cupid)は、美の女神ヴィーナスの息子とされる
   
フィラデルフィア美術館
アメリカ フィラデルフィア
メトロポリタン美術館
アメリカ ニューヨーク