ギリシア その2
第1次ペルシア戦争

 BC492年、イオニアの反乱に対する報復のため、ペルシアのダレイオス1世(ダリウス1世)は、ギリシアに向けて出陣した。ペルシア艦隊はエーゲ海北部の海岸線に沿って進んだが、アトス山のある岬沖を通過中に猛烈な嵐に遭遇し大損害を被った。また陸を進んだ遠征軍も、マケドニアで夜襲を受け撤退した。

 ペルシアは、ギリシアの各都市に降伏を勧告したが、アテネとスパルタは拒否した。

第2次ペルシア戦争

 BC490年、ダレイオス1世は再び軍を動かした。ペルシア軍を先導したのはアテネを追われた元僭主のヒッピアスだった。ペルシア軍はまずイオニアの反乱を支援したエレトリア(Eretria)を征圧し、アテネに向うためマラトン(Marathon)に上陸した。アテネの将軍ミルティアデス(Miltiades)は重装歩兵を率いて迎え撃った。

 数日のにらみ合いを経て戦闘が始まり、2万のペルシア軍と1万のアテネ軍が激しくぶつかった。ギリシア軍は、重装歩兵密集陣でペルシア軍を押し返し勝利を手にした(マラトンの戦い)。

 戦いが終わってエウクレス(Eukles)が完全武装のままアテネまでの35kmを走り、「我ら勝てり」と言って息絶えた。この故事を記念して、第1回オリンピック・アテネ大会でマラトンからアテネまでのマラソン競技が行われた。


アテネ兵士192人が眠る塚(ギリシア:マラトン)

第3次ペルシア戦争

 

 

 

 

 

 

年表に戻る

 ダレイオス1世は、次の遠征の準備中に亡くなった。BC480年、後を継いだクセルクセス1世が21万の大遠征軍を率いて攻めてきた。

 ペルシア軍はテッサロニキから南下し、ギリシア軍と、テルモピュライでぶつかった。スパルタ王レオニダス(Leonidas)指揮下の6000人の守備隊は善戦し、海と山に囲まれた隘路でペルシア軍の進撃を食い止めた。


ダレイオス1世の墓
(イラン ナクシュ・ロスタム)

 苦戦するペルシア軍は、海岸線を迂回する間道を見つけ、ギリシア軍の背後に兵を回り込ませた。前後を大軍に包囲されたレオニダスとスパルタ兵は壮絶な最後を遂げた(テルモピュライの戦い(Thermopulae))。勢いに乗ったペルシャ軍はアテネを占領した。アテネ市民は南のサラミス島へ逃げ込んだ。

 アテネの将軍テミストクレスは、狭い水道にペルシア艦隊を誘い込む作戦をたてた。スパイをペルシア軍に送り、ギリシア海軍がサラミスから撤退していると偽の情報を流した。クセルクセスはサラミスを封鎖すべく、500隻の艦隊を水道に突入させた。そこにギリシアの三段櫂船(トリエレス)310隻は、追い風にのって襲いかかった。ペルシア艦隊は身動きが取れず多くの船を失い、クセルクセスは戦意を喪失して撤退した(サラミスの海戦)。


レオニダス像(ギリシア:スパルタ)
ペルシア戦争終結

 サラミスの敗戦後、クセルクセスはペルシアに退却した。しかし、15万人のペルシア軍は北方で越冬し、依然としてギリシアは大きな脅威にさらされていた。BC479年、ペルシア軍は南へ進撃を開始した。アテネは再びサラミスに疎開し、スパルタやコリントスに救援を要請した。ギリシア連合軍とペルシア軍はプラタイアで会戦し、スパルタ軍の活躍でペルシア軍を撃破した。スパルタ軍はレオニダスの復讐を果たすことができた。

 また同じ頃、イオニアのミカレ岬(Mykale)にギリシア軍が上陸しイオニアを防衛するペルシア軍との戦いが行われた。ここでもギリシア軍が勝利し、ペルシアはイオニアから撤退した。

 BC449年、カリアスの和約で小アジアのギリシア植民都市の独立が保障され、ペルシア戦争は終わった。サラミスの海戦を指揮したテミストクレスは、その後大いに羽振りをきかせたが、陶片追放でアテネを追われ、ペルシアに亡命した。


マラトン古戦場
デロス同盟

 この戦争で中心となって戦ったアテネは、ペルシアの報復に備えてデロス同盟を結成する。デロス島にアポロン神殿が起工され、同盟の金庫が置かれた。加盟国は、艦船を派遣するか、資金提供の義務を負った。

 加盟国はエーゲ海のほとりの200カ国に達した。アテネは同盟から離叛する国を攻撃したり、民主制を強要するなど横暴的な態度が目立った。また、BC454年にデロス同盟の金庫がアテネに移される。

ペリクレス時代】(Pericles BC443〜BC429)  この時代にアテネの民主制は完成し、絶頂期を迎える。18歳以上の男子市民なら、誰でも国政に参加できる直接民主政で、公職担当者は抽選で、将軍職は選挙で選んだ。ペリクレスは将軍職に15年連続して選ばれた。詩人のアイスキュロスやソフォクレス、歴史学者のヘロドトス、哲学者ソクラテスなど名高い芸術家や学者が現れた。ギリシア文化は後のヘレニズム文化、ローマ文化に影響を与えた。


ペリクレス(ロンドン:大英博物館)
スパルタ

 スパルタは、ドーリア人が先住民を征服して建設したポリスで、民主制を採用しない特殊な国だった。スパルタには3種類の身分があり、一番上が征服者であるスパルタ人、その下が自由民であるが参政権のないペリオイコイ、一番下が奴隷のへロット。スパルタは奴隷の人口が多く、少ない市民で奴隷を支配するために、スパルタ人を強くするスパルタ教育を行った。

 赤ちゃんが産まれると長老がチェックし、障害者や虚弱児は捨てられた。7歳になると親元を離れて寄宿舎生活に入り、30歳まで集団生活をする。男同士の団結はものすごく、スパルタ陸軍の強さの一因となっていた。30歳になると兵役が始まり、家庭を持つことが許された。


スパルタ遺跡
ペロポネソス戦争

 デロス同盟の資金をアテネが勝手に使ったり、アテネが帝国主義的な政策を採ったことから、ギリシャ諸都市はアテネから離れていった。BC431年、スパルタやコリントスなどはペロポネソス同盟を結成してアテネと敵対し、ペロポネソス戦争が始まった。

 ペリクレスは籠城戦に持ち込むが、疫病が蔓延し市民の1/3が死亡、ペリクレスも病死した。BC415年、アテネは起死回生を狙ってシチリアに派兵したが失敗、スパルタはペルシアの支援を得て戦いを有利に進め、BC404年にアテネは降伏、デロス同盟は解体した。

 アテネに代わって覇権を握ったスパルタに、アテネ、テーベ、コリントスが同盟して戦いを挑み、BC371年のレウクトラの戦い(Leuktra)でスパルタを破った。ギリシアの覇権はテーベに移るが、その後、テーベの覇権も失われ、ギリシアは慢性的な戦争状態に陥り衰退していった。

 この頃、北方のマケドニアが強力になり、BC338年にフィリッポス2世がギリシアに侵入した。アテネとテーベは迎え撃つがカイロネイアの戦いで敗れ、マケドニアの支配が始まった。


エーゲ海とコリンティアコス湾を結ぶコリントス運河
年表に戻る

 ←ギリシア その1                         マケドニア→