オスマン帝国 その3
青年トルコ革命
テッサロニキ(ギリシア)のホワイトタワー

 オスマン帝国の領土はどんどん侵食されていった。1881年、アルジェリアを占領したフランスがチュニジアに進出、翌年にはイギリスがエジプトを占領した。1885年、ブルガリアは東ルメリアを併合し、1897年にはギリシアがクレタ島に侵攻した。

 1908年、帝国崩壊の危機に西欧で近代教育を受けた青年将校達の秘密結社青年トルコ党(統一進歩団)がテッサロニキで武装蜂起した(青年トルコ革命)。反乱軍はミドハト憲法と議会の復活を要求し、アブデュルハミト2世を退位させた。そして、汎トルコ主義を掲げた青年トルコ党政権が樹立した。

伊土戦争
レプティス・マグナ遺跡(リビアのローマ遺跡)

 トルコが革命で揺れている1911年、アフリカ最後の拠点リビアにイタリアが侵攻し、伊土戦争が始まった。イタリアは1896年にエチオピアに侵攻したが、近代装備のエチオピア軍に反撃され失敗した。アフリカでの植民地獲得競争に乗り遅れたイタリアは、革命で揺れるトルコ領リビアに目をつけたのである。

 トルコ軍は砂漠に逃れてゲリラ戦を展開した。イタリアは沿岸部の数都市しか占領できず、戦争は長期化した。この状況に、多くの植民地を保有している列強が介入し、イタリアに有利な条件で調停が進められた。

 トルコはこれに不服だったが、バルカン戦争が起こり、やむなく講和した。その結果リビアはイタリアの植民地となり、第二次世界大戦後の1951年に独立するまでその支配が続いた。

 この戦争で偵察や爆撃に初めて飛行機が使われた。

バルカン戦争

 

 

 

 

 

 

 

 

年表に戻る

 1911年、アルバニア独立運動が始まった。ギリシア・セルビア・ブルガリア・モンテネグロは同盟してトルコに宣戦布告した(第一次バルカン戦争)。背後にはロシアが暗躍していた。ブルガリアはイスタンブル近郊にまで進軍し、セルビアはマケドニアに、ギリシャはテッサロニキを手中に収めた。しかし、オスマン軍の反撃により戦線は膠着し、ロンドン講和会議が始まった。

 1913年、今度はオスマン軍が撤退したマケドニアをめぐってバルカン同盟国内で対立した。ブルガリアはギリシャとセルビアを攻撃して第二次バルカン戦争が始まり、モンテネグロ、ルーマニア、オスマン帝国はブルガリアに宣戦布告した。ブルガリアは孤立し2ヵ月後に降伏、ブカレスト講和会議が開かれた。

 会議の結果、オスマン帝国はヨーロッパのほとんどの領土を失った。また、第一次バルカン戦争で多くの犠牲を払ったブルガリアは、苦労して獲得した領土の大半を失い、大きな不満を残した。また、アルバニアの独立が正式に認められた。しかし、アルバニア人が多く住むコソボがセルビアとモンテネグロによって分割された。これはその後のコソボ紛争の原因となった。

 1913年、青年トルコ党のタラートやエンヴェル(Enver)らがクーデターを起こし、統一派政権を作った。この政権は、ドイツとの提携を深め、帝国は崩壊への道を歩んでいった。

第一次世界大戦


激戦地ガリポリ半島とダーダネルス海峡

 1914年6月28日、オーストリアの皇太子がボスニアの首都サラエヴォでセルビア人民族主義者に暗殺された。オーストリアはセルビアに宣戦布告し、第一次世界大戦が始まった。親独派のエンヴェルが権力を握ったトルコはブルガリアとともに同盟国側で参戦した。スルタンは聖戦を布告してイスラム世界の団結を呼びかけたが、アラビア諸国の反応は冷ややかだった。

 エンヴェルは東部アナトリアに進出してきたロシア軍と対峙した。ロシアはアルメニア人を利用するため、独立を約束して味方につけ、トルコ軍を圧倒した。祖国を裏切ったアルメニア人に対するトルコの怒りは激しく、アルメニア人の大量虐殺やシリアへの強制移住が行われた。1917年になるとロシア革命が起こり戦局は一変した。ロシア軍やアルメニア軍はコーカサスに敗走し、その後、アルメニア、グルジア、アゼルバイジャンが独立した。

 ガリポリ半島では、イギリス軍を中心にフランス軍やアンザック軍(オーストラリア、ニュージーランド)の計8万が上陸した。ケマル・パシャ率いるトルコ軍は善戦し、連合軍を追い落とした(ガリポリの戦い)。

アラビアのロレンス

 アラブではイギリスが対トルコ反乱を画策していた。駐エジプト大使マクマホンはメッカの太守フサインに、アラブの独立を約束して反乱を促した(フサイン・マクマホン協定)。一方で、フランスとはアラブを分割するサイクス・ピコ協定を結び、ユダヤ人には戦争に協力すればパレスチナ入植を認めるバルフォア宣言を行っている。イギリスは他人の土地を勝手に分配する約束をし、しかも卑劣な三枚舌外交を行った。これが今日のパレスチナ問題の原因となっている。

 1916年6月、フサインの子ファイサルは、アラブ軍を率いてジッダを占領した。イギリスはアラブ軍を指導するため若い士官ロレンスを派遣した(アラビアのロレンス:Thomas Edward Lawrence)。ロレンスとアラブ軍はトルコ軍の通信や補給を妨害し、ダマスカスからメディナまでの、ヒジャーズ鉄道(Hejaz railway)を分断した。イエメンやメッカのトルコ軍は孤立し降伏した。

 翌1917年、ロレンス達はトルコ軍最後の拠点アカバ(Aqaba)を攻略した。続いてエルサレムに進軍し、1918年にはダマスカスを落とした。しかし、サイクス・ピコ協定の内容が革命ロシアによって暴露され、アラブ軍はイギリスの裏切りを知った。

 戦後、アラブの独立を約束したフサイン・マクマホン協定は反故にされ、サイクス・ピコ協定に沿ってアラブはイギリスやフランスの委任統治領となった。ロレンスは失意の内にアラビアを離れた。

トルコ共和国


ムスタファ・ケマル(アンカラのアタテュルク廟)

 1918年9月にブルガリアが降伏、トルコも力尽きて10月に降伏した。連合国が占領軍として国内に進駐してきた。戦争を指揮した統一派政権の幹部はドイツへ逃れた。エンヴェルはロシア経由でトルキスタンに脱出し、対ソ連闘争を始めた。しかし、赤軍の攻勢の前に追い詰められ、壮烈な戦死を遂げた。

 1920年、国の大半を連合国に分割するセーヴル条約が結ばれた。この国家存亡の危機にムスタファ・ケマル(ケマル・パシャ)が立ち上がり、アンカラにトルコ大国民議会を組織した。

 大戦末期に連合国側として参戦したギリシアはイズミルに進駐し、領土拡大を狙ってアンカラに進軍した。ケマル率いるトルコ軍は反撃して押し戻し、イズミルを奪還した。そして新たなローザンヌ条約により現在のトルコ国境が決められた。トルコは、アラブや北アフリカ、キプロス、ロードス島など国外の全領土を失った。また、100万人のキリスト教徒がトルコからギリシアに、50万人のイスラム教徒がギリシャからトルコに移住した。

 1922年、大国民議会はスルタン制を廃止し、メフメト6世は国外に亡命してオスマン帝国は滅亡した。翌1923年、共和制を宣言し、多民族国家オスマン帝国はトルコ民族のトルコ共和国となった。また、ケマルにアタテュルク(父なるトルコ人)という称号が贈られた。

年表に戻る 【参考資料】
新月旗の国トルコ 武田龍夫 サイマル出版会
バルカンの歴史 柴宜弘 河出書房新社
納得しなかった男エンヴェル・パシャ 中東から中央アジアへ 山内昌之 岩波書店