ギリシア神話
神々の誕生

 この世界はカオス(chaos)だった。カオスとは光も形もない「虚空」あるいは「混沌」のこと。このカオスからガイア(大地の女神)、タルタロス(冥界)、エロス(愛の神)がうまれた。ガイアは天空の神ウラノスや海洋神ポントスを産んだ。

 ガイアはウラノスと結ばれ、地上に山や木、花、鳥や獣を、また天には星を産み出した。やがてウラノスが降らせた雨によって湖や海ができた。天(ウラノス )は大地(ガイア)を包み込み、天と地が創造された。ガイアは海の神オケアノス(oceanの語源)や大地の神クロノス、レア、ムネモシュネなどのティタン神族の神々を産んだ。

 ガイアは更に、目が一つのキュクロプス族、100の手と50の頭を持つヘカトンケイル族を産んだ。ウラノスはこれらの子供を嫌い、生まれるとすぐにタルタロス(冥界・地獄)に閉じ込めた。

クロノス

 ガイアはこれに腹を立て、息子のクロノスに斧を渡して復讐を頼んだ。ある夜、ウラノスがガイアのベッドにのこのことやって来た。部屋の隅に隠れていたクロノスは襲いかかり、ウラノスの男根を切り落とし海に投げ込んだ。この時、海にこぼれた精液からアフロディテが生まれ、大地にしみ込んだ血から巨人族ギガスが生まれた。クロノスはウラノスに代わって天地の支配者となった。

ギリシア語
ラテン語
英語
星座
ガイア(Gaia)
テルス(Tellus)
アース(Earth)
地球
クロノス(Kronos) サトゥルヌス(Saturnus) サターン(Saturn)
土星
ウラノス(Ouranos) ウラヌス(Uranus) ウラヌス(Uranus)
天王星
エロス(Eros) クピド(Cupido) キューピッド(Cupid)
ティタン(Titan) ティタン(Titan) タイタン (Titan)
土星の衛星
ハデス(Hades) プルート(Pluto) プルート(Pluto)
冥王星

ウラノスの男根の切断
(フィレンツェ ヴェッキオ宮殿)

ゼウス

 クロノスは妹レアを妻にした。レアは、ヘスティアデメテルヘラの三姉妹とハデスポセイドンを産んだ。クロノスは「将来お前も自分の子供に殺されるだろう」というウラノスの呪いを信じ、産まれた子供を全て呑み込んだ。悩んだレアは秘かにクレタ島に渡り、6番目の子ゼウスを産んだ。そして、大きな石を産着にくるんでクロノスに渡した。クロノスはその石を赤ん坊と思って呑み込んだ。

 ゼウスは、クレタ島で女神アマルテイア(amalthea:やぎ座)の乳を飲んで育った。成長したゼウスは思慮の女神メティス(metis)に作らせた嘔吐薬をクロノスに飲ませ、兄姉達を吐き出させた。メティスとゼウスの間にうまれた子供がアテナである。

 ゼウスとクロノスの戦いが始まった。ゼウス兄弟は力を合わせて戦い、クロノス率いるティタン神族をタルタロスに追放した。ただ一人、力持ちのアトラス(Atlas:うしかい座)だけは追放されず、天と地が接触しないように天球を支える罰が与えられた。この話は、アレクサンドロスの遠征により東方に伝えられ、インドの仏教遺跡に取り込まれた。

 この戦いはティタノマキア(ティタン神族との戦い)と呼ばれ、英語のタイタニック(Titanic:巨大な、タイタン:Titan)の語源になった。また、この戦いに勝ったゼウス一族がオリンポスの神々と呼ばれた。


ガイア(アラ・パチス博物館、ローマ)
ギガントマキア

 ガイアは自分の子供ティタン達がタルタロスに閉じ込められたことに怒り、巨人族ギガスにゼウスたちを攻めさせた。これがギガントマキアである。「人間の力を借りないとこの戦いに勝てない」と予言されたため、英雄ヘラクレスを味方につけ、ゼウスたちが勝利を手にした。
ギガス:Gigas】複数形ギガンテスGigantes、ジャイアント(Giant)の語源

 勝利を手にすると、ゼウスたちは思い上がり始めた。ガイアは怒り、巨大な怪物テュポン(Typhon)を送り込んだ。オリンポスの神々は驚き、動物に姿を変えてエジプトに逃げた(だから、エジプトの神々は動物の姿をしている)。

 ゼウスは一人で戦った。テュポンは運命の三女神モイラ(moira)たちを脅し、どんな願いも叶う「勝利の果実」を手に入れて食べた。すると、テュポンは急に力を失った。実はその果実は、決して望みが叶わない「無常の果実」だった。ゼウスはテュポンをシチリアに追いつめ、エトナ山の下敷きにした。それ以来、テュポンがもがくとエトナ山が噴火した。


巨人と戦うディオニソス
ペルセウス
( Perseus)

 ギリシャ南部アルゴスの王アクリシオスは「娘の子供に殺される」という神託を受けた。王は年頃になった娘のダナエを城に監禁し、男が近づかないようにした。ところがダナエを見そめたゼウスは雲になって忍び込み、黄金の雨となって彼女に降り注いだ。やがてペルセウスが生まれた。

 驚いたアクリシオスは、ダナエと子供を箱に入れて海に流した。この箱は、セリポス島に漂着し二人はここに住みついた。島の王ポリュデクテスはダナエを好きになり、邪魔なペルセウスを始末しようと、メドウサの首をとってくるように命じた。


「ダナエ」 オラツィオ・ジェンティレスキ作
クリーブランド美術館(クリーブランド アメリカ)

メドウサ
(Medusa)

 メドウサゴルゴン三姉妹の一人で、顔は醜く、イノシシの牙と歯を持ち、髪は毒蛇、その顔を見た者は恐ろしさのあまり、たちまち石になった。

 ペルセウスは、ヘルメスから空を飛べる靴とメドウサの首を切ることができる鎌形の剣を借りた。また、アテナからはよく磨いた盾(アイギス)をもらって出発した。やがて西の果てに三姉妹を発見し、相手の顔を見ないように楯にその姿を映しながら近づき、鎌の剣でメドウサの首を切り落とした。すると傷口から天馬ペガサスが飛び出した。ペガサスはメドウサとポセイドンの子供だった。

【ゴルゴン三姉妹(Gorgon)】 強い女:ステンノ(Sthenno)、さまよう女:エウリュアレ(Euryele)、支配する女:メドウサ(Medusa)の3人。姉妹は髪がきれいな美しい女性だった。メドウサは「アテナよりも私の髪がきれい」と自慢したため、怪物にされてしまった。アテナに抗議した二人の姉も怪物にされてしまった。

【アテナの盾:アイギス(Aegis)】 あらゆる邪悪を払う楯(胸当て)。英語読みはイージスで、防空能力の高い駆逐艦、イージス艦の語源。


メドウサと戦うペルセウス(フィラデルフィア美術館)
アンドロメダ(Andromeda)

 ペルセウスがメドウサの首を携えての帰り道、海の岩に縛られたアンドロメダ姫を見つけた。アンドロメダはエチオピア王妃カシオペアの娘。カシオペアは「自分の娘は海の神の娘より美しい」と自慢したため海の神ポセイドンの怒りに触れ、鯨の怪物の生贄として岩に縛られていた。

 ペルセウスはメドウサの首を見せて怪物を退治した。そしてアンドロメダを自分の妻とした。セリポス島に戻ったペルセウスは、王に約束のメドウサの首を渡した。王は一瞬のうちに石になった。

 その後、ペルセウスはアルゴスに戻り、アルゴスとミュケナイの王になった。ある時、ペルセウスは競技会に出場し円盤を投げた。円盤は観客席の老人を直撃し、老人は死んだ。その老人こそが、「娘の子供に殺される」との神託を受けた祖父のアクリシオスだった。


アンドロメダの岩(イスラエル ヤフォー)
ヘラクレス
(Hercules)

 ゼウスがペルセウスの孫のアルクメネを誘惑して産ませた子供がヘラクレスである。ヘラはヘラクレスを嫌い乳を与えなかった。ある時、ゼウスの命を受けたヘルメスがヘラクレスを抱いてヘラの寝室に忍び込み、ぐっすり眠るヘラの乳を吸わせた。ヘラクレスがあまりに強く吸ったため、ヘラは痛さに眼をさましヘラクレスをはねのけた。ヘラクレスはヘラの乳を飲んだため不死身となり、こぼれ落ちたヘラの乳が天の川(Milky Way)になった。

 ある日ヘラは、ヘラクレスが眠っているところに毒蛇を送り込んで殺そうとした。ヘラクレスは蛇を手でつかんで殺してしまった。

 成長したヘラクレスは妻や子供と平穏に暮らしていた。これが気に入らないヘラは、ヘラクレスを狂わせて、妻や子供を殺させた。正気に戻ったヘラクレスは、罪を償うためにミケーネのエウリュステウス王に指示された12の冒険を行った。右の写真は半人半馬の怪物ケンタウロスと戦うヘラクレスの像(Hercules and Centeur)。

 その後、ヘラクレスは巨人族との戦い(ギガントマキア)で奮戦し巨人族を打ち負かした。


ヘラクレスとケンタウロス(フィレンツェ Loggia dei Lanzi)
年表に戻る

 

【参考文献】
ギリシア神話【神々の世界】 松島道也著 川出書房社
ギリシア神話【英雄たちの世界】 松島道也著 川出書房社