ゲルマン民族の移動
フン族
(Hun)
 
コンスタンティノープルの城壁(イスタンブール)

 南ロシアの草原地帯からアルタイ山脈を越えてモンゴル高原に入り、中国に至るのが草原の道である。その道を通って東西に活躍したのが騎馬民族で、その始まりはBC6世紀のスキタイ民族だった。彼等は機動力と武力で各地を侵略した。

 BC4世紀には、匈奴、烏孫、月氏が栄え、中でも匈奴が最強だった。匈奴は、秦の始皇帝の討伐で衰退したが、冒頓単于の頃に勢いを盛り返し、月氏や漢を圧迫した。

 BC2世紀、ローマでグラックス兄弟が改革を行っていた頃、中国ではが栄えていた。漢の武帝は匈奴を北に退け、追われた匈奴は、西に移動を開始する。400年かけてゆっくりと移動し、4世紀中頃黒海北岸にたどり着いた。これがフンという名で歴史に登場する。匈奴は「フンヌ」とも読め、匈奴とフン族は同じといわれている。

 フン族は、あぶみを発明した。あぶみは槍を構えて突進でき、戦闘力を飛躍的に高めた。また、非常に強力な複合弓を持ち、あぶみに立って、前後左右に矢を放つことができた。

ゴート族
(Gothe)

ゴート族

 BC1世紀頃、ゴート族はスカンディナビア半島からバルト海を渡り、ポーランドのグダンスク付近に定住した。1世紀半ばに、再び旅に出てキエフ付近に住み着いた。その後、西ゴート族と東ゴート族に分かれた。 ゴート族は、しばしばローマ領内に侵入して略奪を働き、ローマ軍と激しく争った。

 370年頃、突然フン族が東から来襲し、あっという間に東ゴート族を征服して西ゴート族に迫った。西ゴート族はたまらず西に逃げ、東ローマ領内に向かった。376年に東ローマ皇帝ウァレンスからバルカン半島北部に移住することを許された。

アッティラ
(Attila)

 

 

 

 

年表に戻る


アッティラと会見するレオ1世(バチカン宮殿)

 フン族は433年にアッティラが王となり、最盛期を迎える。東ローマ帝国は、国内に侵略してくるフン族に貢物をして懐柔した。

450年、西ローマ帝国内に侵入し、北フランスの都市を攻略した。翌451年、アッティラはフランスのオルレアンを包囲した。これに対して、ローマの将軍アエティウスは、西ゴート族やブルグント族などのゲルマン勢力を結集して反撃し、カタラウヌムの戦いでアッティラを破った。

 その後、アッティラは、新たな略奪の対象をイタリアに求めた。教皇レオ1世は、アッチラと会見し、莫大な貢納金を渡して撤退させた。453年、アッティラが死亡すると服従していた東ゴート族が蜂起し、フン帝国は崩壊した。

ゲルマン民族の大移動

 375年、フン族に追われた西ゴート族が移動すると、西ゴート族に追われた部族が移動しを開始し、玉突きのようなゲルマン民族の大移動が起こった。これらの部族は各地に王国を建設した。

 ゲルマン民族移動後のエルベ川以東やバルカン半島には、スラブ民族が勢力を拡大していった。

フン族に追われてローマ領内に移住し、その後反乱を起こす。410年、アラリックはローマを略奪し、その後ガリアのトゥールズに王国を建設する。507年、フランク族に敗れてスペインに逃れ、西ゴート王国を建てた。711年、北アフリカから侵入してきたイスラム勢力に滅ぼされる。
ブルグント王国
443年、ブルグント族はリヨンを首都にブルグント王国を建てるが、534年にフランク王国に滅ぼされた。ドイツの叙事詩「ニーベルンゲンの歌」にこの部族が出てくる(英雄ジークフリートとブルグント族の皇女クリームヒルトの話)。
西ゴート族をスペインに追い出し、508年にパリを首都とするフランク王国を建設した。
ローマ帝国がブリタニアを放棄した後、デンマークやドイツにいたアングロ・サクソン人がイギリスに渡り、七王国を建てた。
東ゴート王国
フン族から独立した東ゴート族は、テオドリックに率いられてイタリアに入る。489年に東ローマの要請でオドアケルを倒してイタリアを支配し、493年に東ゴート王国を建国した。
552年に東ローマ帝国のユスティニアヌス帝に滅ぼされる。
ヴァンダル王国
ヴァンダル族はガリアを追われてスペインに移るが、そこも西ゴート族に追われる。ガイセリック王は一行を率いてアフリカに渡り、ヴァンダル王国を建てた(439年)。彼等は地中海の海賊となり、455年にはローマを略奪した。ヴァンダル(vandal、vandalism)とは「略奪者」の意味。534年、ユスティニアヌス帝に滅ぼされる。
年表に戻る  
【参考資料】
東ゴート興亡史 松谷健二 中央文庫
ヴァンダル興亡史 松谷健二 中央文庫