ローマ帝国 (最盛期〜衰退)
五賢帝

 ドミティアヌス帝が暗殺されると、次に元老院議員だったネルウァが皇帝に就き、人類が最も幸福だった五賢帝時代(パクス・ロマーナ:Pax Romana)が始った。この時代は経済活動が盛んで、アジアの香辛料や絹が運ばれてきた。また、ロンドン、パリ、ウィーンなど多くの都市が建設された。

 続くトラヤヌス帝は、拡大政策をとり、ダキア(ルーマニア)、メソポタミアを占領した。次のハドリアヌス帝の時代に、ローマ帝国は最盛期を迎えた。132年にはエルサレムでユダヤ人の反乱(バル・コクバの乱)が発生するが、3年後にこれを鎮圧しユダヤ人を追放した。また、ブリタニアにハドリアヌス帝の長城を建設し、 ここを北辺国境と定めた。

 次のアントニヌス・ピウス帝の時代も平穏だった。最後のマルクス・アウレリウス帝の頃に辺境の蛮族との戦いが激しくなった。しかし、帝国は何とか安定を保っていた。彼の息子コンモドゥスは、快楽と欲望に身をつつみ国内は荒れ、192年に親衛隊に暗殺されてしまう。

軍人皇帝

 

 

 

 

 

年表に戻る


ハドリアヌスの長城とローマ軍駐屯地跡(イギリス)

 コンモドゥス帝後の数人の皇帝は、いずれも暗殺、敗北死という惨めな最後を遂げた。 そんな中、193年にセプティミウス・セウェルス帝(初のアフリカ出身の皇帝)が即位し、一時的に安定する。その息子カラカラ帝は、全自由民にローマ市民権を与えた。

 セウェルス帝の死(235年)からディオクレティアヌス帝の即位(284年)までの50年間は、26人の皇帝が乱立する混乱の時代で、各地の軍隊が勝手に皇帝を擁立して争う軍人皇帝の時代となった。

 その頃には元老院の権威は失墜し、北方のゲルマン人や東方の ササン朝ペルシアの進入が激しくなる。260年、エデッサの戦いウァレリアヌス帝はペルシア王シャープール1世の捕虜になりそこで生涯を終える事態まで発生した。

分割統治


4人の王(サン・マルコ寺院 ヴェネツィア)
1204年にコンスタンティノポリスの宮殿から略奪されたもの

 286年、ディオクレティアヌス帝は将軍マクシミアヌスを共同皇帝に取り立て、ディオクレティアヌスは帝国東部を、マクシミアヌスは西部を統治する2分割支配を行った。ローマ帝国の重心は東方に移った。

 293年には、それぞれの正帝の補佐役として副帝を加えた。東の副帝はガレリウス、西の副帝はコンスタンティウスだった。帝国は4人の皇帝によって統治されるようになり、この4分割統治をテトラルキアという。2人の正帝は20年の任期で引退し、副帝のガレリウスとコンスタンティウスが正帝に昇格し、新たにダイアセウェルスが副帝に就任した。しかし、306年に西の正帝コンスタンティウスが死ぬと後継者争いが始まった。

 東の正帝ガレリウスは西の副帝セウェルスを正帝としたが、コンスタンティウスの息子コンスタンティヌスも軍に推されて正帝を宣言した。この争いに勝利者となったのはコンスタンティヌスだった。テトラルキア体制は崩壊し、ローマは再び一人の皇帝が統治するようになった。

キリスト教公認


ローマ時代の水道橋(タラゴナ:スペイン)

 コンスタンティヌスは、帝国の統一を維持するため信教の自由を保障し、ネロ以来禁止してきたキリスト教を公認した(ミラノ勅令:313年)。自らもキリスト教を信仰し、ローマで初めてのキリスト教徒皇帝となった。330年にはビザンチウムに遷都し、名前をコンスタンティノープルと改称した。

 コンスタンティヌス帝によってローマは再統一されたが、蛮族の侵入に悩まされ帝国は衰退していった。378年には侵入してくる西ゴート族を迎え撃ったが敗れ、皇帝ウァレンスは戦死した(アドリアノープルの戦い:トルコのエデルネ)。 これにより、トラキア地方(バルカン半島東部)はゴート族に占領された。

 392年に皇帝に就いたテオドシウス帝はキリスト教を国教にした。

東西分裂〜西ローマ帝国滅亡
テオドリック大王の墓(ラヴェンナ イタリア)

 395年に帝国は東西に分裂、ローマとコンスタンチノープルがそれぞれの首都となった。東ローマ帝国はその後1000年余り存続するが、 西ローマ帝国は、ゲルマン民族の侵攻に悩まされ、次々とゲルマン諸王に侵略されていった。

 402年、ホノリウス帝は西ローマ帝国の首都をローマからラヴェンナに移した。410年、ローマはアラリック率いる西ゴート族に略奪され、455年にはヴァンダル王ガイセリックが占拠した。

 476年、ゲルマン人の傭兵隊長オドアケルが皇帝ロムルス・アウグストゥスを退位させ、ここに西ローマ帝国は滅亡した。493年にオドアケルは、東ローマ皇帝ゼノンが派遣した東ゴート族のテオドリック大王に殺される。

年表に戻る
【参考資料】
ローマ人の物語  塩野七生 新潮文庫
ウィキペディア(Wikipedia)