イスラエル王国
イスラエル王国

 ヨシュアの死後、デボラ、ギデオン、サムスンといった指導者がユダヤ人を統率した。彼らは士師と呼ばれ、軍事的指導者であり預言者でもあった。
 士師たちの活躍を描いたのが士師記で、ペリシテ人の女性デリラに恋をし、強さの秘密の髪を切られたサムスンの話が有名である。デリラに髪を切られたサムスンは目をえぐられて奴隷となる。しかし、徐々に髪が伸びてきて怪力が復活し、ペリシテ人の神殿を押し倒して崩壊させた。
 最後の士師がサムエルで、部族を統合してイスラエル王国を建国し、サウル(Saul)を初代の王に指名した。


サムスンとデリラ

 サウルはペリシテ人の巨人ゴリアテ(Golyat)との戦いに苦しむが、羊飼いの少年ダビデがゴリアテの額に石を命中させて倒した。ダビデの人気は高まり、それに嫉妬したサウルは暗殺を企む。危険を感じたダビデはイスラエルを脱出した。やがてサウルはペリシテ人との戦いで戦死し、ダビデは国に戻った。


ダビデとゴリアテ(ペリシテの巨人)の戦い
(サンタマリア・デラ・サルーテ教会の天井画 ヴェネツィア)

ダビデ
(David)

BC1004-965


ダビデを殺そうとするサウル

 ダビデは12の部族をまとめてイスラエル王となり、エルサレムを首都に定めた。妻はサウルの娘ミカル
 彼はペリシテ人を破り、イスラエルを強カな国家に作り上げた。外交や軍事手腕に優れ、音楽や詩の才能にも恵まれ、イスラエル史上最大の賢王と讃えられている。

 ダビデは多くの妻をめとった。その中にバテシバ(Bathsheba)がいた。バテシバはダビデの部下のウリヤの妻だった。彼女の入浴姿を偶然見てしまったダビデは一目惚れし、関係を持った。彼女は妊娠し、困ったダビデは彼女の夫を前線に送り出し戦死させた。不義を犯したダビデは神の怒りにふれ、息子を次々と失った。しかし、バテシバとの間に生まれた第2子ソロモンは成長し後継者となった。

 ダビデはイスラム教においても預言者の1人に位置づけられている。英語圏の男性名デイヴィッド(David)は彼の名に由来する。


ダビデ像(フィレンツェ)

ソロモン
(BC965−930)

 

 

 

 

年表に戻る

 イスラエル王となったソロモンは、近隣王国と条約を交わし、 政略結婚を重ね、王国を世界の強国に育てあげた。また、銅の採鉱や金属精錬などの事業を進め、イスラエルに莫大な富をもたらした。

 ある夜、神がソロモンの夢枕に立ち、願い事は何かと尋ねた。ソロモンは、国をうまく治められるように知恵を望んだ。神はそれを認めた。彼はエルサレムのモリヤの丘に壮大なエルサレム神殿(第一神殿)を造営し、十戒の石版を安置した。

 シバの女王(Sheba)は、ソロモンの物語に登場するアラビアの女王である。シバは南アラビア(イエメン)あるいはエチオピアにあった国の名。シバの女王はソロモンが非常に賢明な王であると聞き、難問を出して彼を試した。しかし、ソロモンはその全てに正解したという。

 ソロモンによって国は大いに繁栄したが、国民は労役や重税に苦しんだ。また、自分の出身部族ユダ族を優遇したため部族間に不満が鬱積していった。

 
シバの女王とソロモン(Adoration of the Wood and the Queen of Sheba Meeting with Solomon)
サン・フランチェスコ聖堂 アレッツォ(Arezzo) ,イタリア
南北王国時代
(BC930−586)

 ソロモンが亡くなると息子のレハブアムがあとを継いだが、北イスラエルの10部族が反乱を起こし、北のイスラエル王国と南のユダ王国に分裂した(BC922年)。ユダ王国はヤコブとレアの子供であるユダを始祖とする部族で、ユダヤの語源である。

 両国はアッシリアやエジプトの脅威にさらされた。BC721年、イスラエル王国はアッシリアのサルゴン2世に減ぼされ、北イスラエル10部族の民は奴隷としてアッシリアに強制連行された。10部族は歴史から姿を消した。

ユディト

 アッシリアの将軍ホロフェルネスの軍勢がユダヤの町ベトリア(Bethulia)を包囲した。町は水源を断たれ降伏寸前に追い込まれた。この町には絶世の美人ユディト(Judith)が住んでいた。彼女は信心深く、貞淑な未亡人だった。彼女は町の危機を救うため、美しく着飾り召使いを連れて敵陣に乗り込んだ。

 将軍ホロフェルネスはユディトを一目見てその美しさの虜になった。
  「お前は何しに来たのだ?」
  「偉大な将軍の力になるようにと、神がお導きになりました」
 将軍は、彼女の美しさと巧みな話に気を許し酒宴を催した。そして、彼女を誘惑しようとチャンスをうかがっていたが、不覚にも飲みすぎて眠りこけてしまった。ユディトは神に力を与えてくれるように祈り、将軍の短剣を奪って首を切り落とした。町は救われた。

 彼女の話は旧約聖書ユディト記に記されている。また、彼女はトランプのハートのクイーンのモデルになっている。


ホロフェルネスの首を斬るユディト
(Judith Beheading Holofernes)
国立古代美術館(Galleria Nazionale d'Arte Antica) ローマ
バビロン捕囚
(Babylonian captivity)

BC586〜538

 ユダ王国は、アッシリアの従属国家として存続した。アッシリアの崩壊後のBC597年、新バビロニアネブカドネザル2世がユダ王国を征服し、王や有力者をバビロンに連行した。これが第1回目のバビロン捕囚(Babylonian captivity)である。

 BC586年、バビロニアに反旗を翻したユダ王国は再度攻め込まれた。神殿は破壊され、住民全員が連行される2回目のバビロン捕囚が行われた。これによりユダ王国は完全に滅び、ユダヤ人は国を失った。

  バビロン捕囚は、ユダヤ人離散の始まりだった。それまで宗教の中心だった神殿がなくなり、それに代わるものとして、安息日の遵守、割礼カシュルート(食事戒律)を守った。バビロニア捕囚により、ユダヤ教が体系化され、ユダヤ民族はどんな試練にも耐える強靭な信仰心と団結力を持つようになった。

 BC539年、ペルシャ帝国のキュロス大王はバビロニアを征服し、ユダヤ人を解放した。エルサレムに帰還したユダヤ人は、破壊された神殿跡に第2神殿を建設した。

 
ダビデのもとに行くバテシバ
ヘロデ王
(Herod)

 その後、アレクサンドロスのマケドニア、続くシリアの支配を受ける。BC63年、ポンペイウス率いるローマ軍がシリアを破り、ローマがユダヤの支配者となる。ローマはユダヤ属州として統治し、ユダヤ人の自治を許した。

 この頃ハスモン朝がユダヤを支配していたが、不安定で内紛が絶えなかった。BC44年にカエサルが暗殺されると、ヘロデ大王がカエサルの部下アントニウスのローマ軍とユダヤに戻り、ユダヤの王となった(ヘロデ朝)。ヘロデはローマと協調する政治を行い、港湾都市カイサリアや要塞マサダを建設した。また、BC20年には、ソロモン時代を上回る規模で神殿を改築した。

 ヘロデ大王の息子の嫁がヘロディアで、その娘が洗礼者ヨハネの首を求めたサロメである。


港湾都市カイサリア(caesarea イスラエル)
ユダヤ人の離散

 ヘロデ大王の死後、ユダヤはローマの直轄領となった。しかし、ユダヤ人のローマに対する反感は高まり、AD66年に大反乱が勃発した。皇帝ネロは軍団を派遣したが、68年にネロは自殺し戦線は膠着する。70年にティトゥスが派遣され、エルサレムを占領し、神殿は再び破壊された。現在残っている嘆きの壁は神殿の西側の部分である。ローマにはティトゥスの凱旋門が作られた。

 エルサレム陥落後も967人のユダヤ人はマサダ要塞(Masada)に立てこもって抵抗した。3年の籠城の末、マサダは陥落、籠城したユダヤ人は集団自決した。

 その後、132年にも反乱が発生した。バル・コクバ(Bar Kokhba)率いる反乱軍は一時ユダヤの独立を達成したが、135年にはローマに制圧された。ユダヤ人の統治に手を焼いたローマはユダヤ人を離散させた。


マサダの要塞(イスラエル)
年表に戻る

 ←モーゼへ

【参考資料】