創世記
天地創造  旧約聖書創世記によると、神は次のように天地を創造した。
第1日
はじめに神は天と地を創造した

地は何もない真っ暗な世界だった。神が「光あれ」と言うと光ができた。神は光と暗黒とを分け、光を昼、暗黒を夜と呼んだ。

第2日 神は大空を創った 水の間に大空を造り、上の水(雨)と下の水(海)とに分けた。大空を天と呼んだ。
第3日 海と大地を創り、大地に草と樹を芽生えさせた 「地の水は1つに集まり、乾いた所が現われよ」と言った。乾いた所を"地"、水の所を"海"と呼んだ。「地は草と樹を芽生えさせよ」と言うと、草と樹が芽生えた。
第4日 太陽と月と星を創った 神は太陽と月と星を創り、太陽に昼を、月に夜を司らせた。そしてそれらを天に配置し地上に光が届くようにした。
第5日 動物と鳥を創った
神はそれらを祝福して言った。「産めよ、増えよ、水や地に満ちよ」
第6日 地の獣、家畜、土に這う全てのものを創った 神は自分を象って男と女を創造した。神は人を祝福して言った。「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせ、全ての生き物を支配せよ」
第7日
こうして天地万物は完成した

神は仕事を離れて安息した。神は第7の日を祝福しこれを聖別した。


アダムの創造(バチカン システィーナ礼拝堂)

【安息日 Sabbath】 ヘブライ語で休みのこと。週の7日目の日で金曜の日没に始まり、土曜の日没に終わる。キリスト教ではイエスが復活した日曜日、イスラム教ではムハンマドがメッカを脱出した金曜日。

【モーセ五書】 旧約聖書の中の創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記の5つでモーゼが書いたといわれる。ユダヤ教では、律法の書(トーラー:Torah)と呼ばれる聖典。

【旧約聖書】 ユダヤ教、キリスト教イスラム教の聖典

アダムとイヴ
(Adam & Eva)

 神は天地を創造し、6日目に自分をかたどって土で人を造った。また、アダムの肋骨から女を造った。男の名はアダム、女の名はイヴ。ヘブライ語では土をアダマ、命をエバという。二人はエ デンの園で暮らしていた。神は「この園にある全ての樹の実を食べても良いが、善悪の知識の木の実だけは決して食べてはならない」と言った。

 ある日、エデンの園を歩いていたイヴは、蛇にそそのかされて禁断の木の実(善悪の知識の木の実)を食べてしまった。イヴはアダムにも食べさせた。すると、2人は自分たちが裸であることに気づき、恥ずかしさのあまり体をイチジクの葉で隠した。

 神は約束を守らなかった罪(原罪)により、二人を楽園から追放し(失楽園)、蛇を地を這う動物とした。女には産みの苦しみが与えられ、苦労して地を耕さなければ食料を得ることができなくなった。

【リンゴ】 古くから「知恵、豊饒、美」のシンボルとして神話や伝説に登場する。 日本人がイメージする禁断の果実は、赤いリンゴ。ヨーロッパでは青リンゴ。イブが食べたリンゴは、聖書には木の実としか記されていない。後世、リンゴが美味しくてかわいいことからリンゴとされた。 ホメロスの叙事詩イリアスでは、黄金のリンゴを巡る3人の女神の争いからトロイ戦争に発展する。


楽園を追放されるアダムとイブ(美術史美術館 ウィーン)

カインとアベル(Cain & Abel)

 

 

 





 

年表に戻る

 アダムとイヴにカインアベルの2人の息子が生れた。長男のカインは土を耕す者に、次男アベルは羊を飼う者になった。ある日、カインは土からの収穫物を、アベルは羊の子を神にささげた。神はアベルのささげた物を喜び、カインのものには関心を示さなかった。

 カインは嫉妬で怒り、アベルを野に連れ出して殺した。神がアベルのことをカインにたずねると、「何も知りません。私は弟の番人ではありません。」と答えた。神は「何ということをしたのか。あなたの弟の血が、地の中から叫んでいる。あなたが土地を耕しても、もはや何も収穫できない。あなたは地上をさまよい歩く者となるのだ」と言ってエデンの東のノドの地に追放した。

 誰かに殺されることを恐れるカインに対し、神は「カインを殺す者は、7倍の復讐を受けるであろう。」といい、カインを保護する印をつけた。やがてカインは、妻を娶り、エノクという子供をもうけた。


アベルを襲うカイン
(サンタマリア・デラ・サルーテ教会の天井画 ヴェネツィア)
ノアの箱舟

 イヴはもう一人の息子セトを産んだ。アダムから数えて10代目の子孫がノア(Noah)である。その頃、地上には悪が満ち、神は人を造ったことを後悔した。そして、地上の全てのものを洪水で滅ぼすことを決意した。神はただ一人神に従順なノアに言った。「巨大な箱舟を造りなさい。そして、あなたの家族とあらゆる動物を2頭(オスとメス)連れて箱舟に避難しなさい。」

 ノアが箱舟に移ってから7日後に洪水が始まり、水は40日間地上を覆った。箱舟に避難したノア一族と動物以外は全て滅んだ。150日後には水が減り始め、箱舟はトルコ東部にあるアララト山(Ararat)に漂着した。ノアは舟の窓からカラスを放した。カラスは地上の水が乾くのを待って出たり入ったりした。しばらくして今度は鳩を放した。鳩はオリーブの葉をくわえて戻り、地上から水がひいたことを知らせた。

 ノアたちは箱舟から出て、祭壇を作り神に生贄を捧げた。神はそれを認め、2度と生き物を滅ぼさないと約束した。そして、その契約のしるしとして大きな虹をかけた。

【洗礼】 洪水は神が人間を裁く象徴であり、ノアの洪水の物語が洗礼の儀式へと発展した。パプテスマ(浸す)は、水に体を浸し清めをする儀式。

 
アルメニア側から見たアララト山
手前の建物はホルヴィラップ修道院
バベルの塔

 時が過ぎ、ノアの子孫はどんどん増えた。彼らは一つの言葉を話し、シナルの平原に住んでいた。ある日、彼らはレンガを積み上げて天まで届く塔を作り始めた。神はその驕りを怒り、「彼らは一つの民で、皆が同じ言葉を話しているからこのようなことを始めたのだ」と考えた。神は、人々がそれぞれ違う言葉を話すようにした。

 塔の建設現場では、いくら話しても言葉が通じなくなり建設は中断せざるを得なかった。人々は塔を破壊し世界中に散らばっていった。こうして、世界各地にいろんな言葉を話す人々が住むようになった。この塔のあった町の名がバベル(Babel)。バベルとはバビロンのことで、混乱(バラル)が語源である。

バベルの塔は、バビロンにあったジッグラトではないかと考えられている。ジッグラト(Ziggurat)とは古代メソポタミアで建設されたレンガ作りの聖塔のことで、シュメールの時代から建てられた。いくつかのジッグラトが発掘されているが、最大規模の遺跡はエラム王国のチョガ・ザンビール遺跡(イラン)である。
【シナルの平原】 シンアルの平原とも言われ、シュメールのことではないかと考えられている。

チョガ・ザンビールのジッグラト

バベルの塔(ウィーン美術史美術館)
アブラハム
Abhraham













年表に戻る

 ノアの息子セムから数えて10代目のアブラハムは、メソポタミアのウル(Ur:ユーフラテス川の河口近く)に生まれ、ハラン(Harran:現トルコ)に移り住んだ。ある日、神は「私が示す地に行きなさい。」とアブラハムに指示した。アブラハムは妻のサラや甥のロトとともに旅立った。BC1700年頃のことである。

 一行がカナンに入ると神が現れ、「あなたの子孫に、この地を与える」と言った。しかし、カナンは飢饉に襲われ、一行はエジプトに避難した。アブラハムの妻のサラは絶世の美人だった。アブラハムは彼女をめぐってもめごとが起こることを恐れ、サラに自分の妹であると偽らせた。ファラオはサラを見初め、宮廷に招き入れた。神は怒りファラオたちに災難を下した。ファラオは事実を知り、サラをアブラハムに返して一行をカナンに送り出した。

 アブラハム一行は多くの牛や羊の群れを持っていたため、別れて暮らすことになった。アブラハムはカナンに、ロトはヨルダン川流域のソドムに移り住んだ。

【カナン Canaan】 地中海とヨルダン川・死海に挟まれた地域。聖書には「乳と蜜の流れる地」と記されている。神がアブラハムの子孫に与えると約束したことから、約束の地とも呼ばれる。


アブラハム生誕の地に建つモスク(シャンルウルファ トルコ)

【ウル】 アブラハムが生まれたウルはイラク南部といわれているが、イスラム教ではトルコのウルファとされている。ウルファのアブラハム生誕の地にモスクが建てられている。

ソドムとゴモラ(SodomとGomorra)

 神は腐敗した悪の町ソドムゴモラを滅ぼす決断をした。そして、アブラハムに、「町に10人の正しい者がいるならば町は滅ぼさない」と伝えた。しかし、ロトの家族以外に正しい者は一人もいなかった。

 神はロトに、「妻と2人の娘を連れて町から逃げなさい。またどんなことがあっても決してうしろを振り向いてはならない」と告げた。ロトとその家族が町を脱出すると、神は、天から硫黄の火を降らせて、ソドムとゴモラを滅ぼした。ロトの妻は逃げる途中でうしろを振り向き、塩の柱になってしまった。

 ロトの二人の娘は、ロトの子を身ごもりモアブ(モアブ人の先祖)とベン・アミ(アンモン人の先祖)を産んだ。


ソドムを逃れるロトと娘たち
National Gallery of Art, Washington DC
Lot Fleeing with His Daughters from Sodom

イサク(Isaac)

 アブラハムと妻サラの間には子供ができなかった。サラはエジプト人の女奴隷ハガルと子供を作るように薦め、イシュマエルが生まれた。その後、90歳のサラにもイサクが生まれた。ハガルとサラの戦いが始まり、アブラハムはハガルとイシュマエルを追い出した。そのイシュマエルの子孫たちがアラブ人であるといわれている。

 ある日神はイサクを生贄に捧げるようにアブラハムに命じた。苦悩するアブラハムはモリヤの山に登り、祭壇を作ってイサクを屠ろうとした。その瞬間、神の言葉が響く。「その子に手を下すな。お前が神を畏れる者であることがわかった。お前の子孫を天の星のように、海辺の砂のように増やそう」。アブラハムとイサクは祭壇に薪をくべ、牡羊を捧げた。

 アブラハムは下僕エリエゼルにイサクの妻を探すように命じた。エリエゼルは旅の途中の井戸端で祈った。「私とらくだに水を飲ませてくれる女性をイサクの嫁とさせてください」。井戸に水を汲みに来た多くの女性の中で、美しい娘リベカ(Rebecca )がエリエゼルとらくだに水を与えてくれた。リベカはイサクの妻となり、エサウヤコブの双子の息子を産んだ。

【リベカ(Rebecca)】 うっとりさせる者という意味で、英語読みはレベッカ。愛称はベッキー(Becky)。


イサクを捧げるアブラハム
サンタマリア・デラ・サルーテ教会 ヴェネツィア
ヤコブ(Jacob)

 イサクはエサウの方を愛し、エサウを後継ぎに決めた。イサクはエサウを祝福したが、祝福を受けたのはエサウのふりをしたヤコブであった。エサウは激怒した。ヤコブは母リベカの兄のラバンのもとへ逃げた。

 ラバンにはレア(Leah)とラケルの二人の娘がいた。ヤコブはラケルの美しさに心を奪われ、7年間の無償労働を条件に結婚を許された。7年後の婚礼の夜、ラバンはヤコブをしたたかに酔わせ、レアのベッドに連れ込んだ。レアはヤコブの最初の妻になった。翌朝ヤコブは結婚相手がラケルでないことに気付き、問いただした。ラバンは、「さらに7年間働けばラケルとの結婚も許す」と言った。7年後、ラケルはヤコブの2番目の妻となり、ヨセフを産んだ。

 神はヤコブに故郷に帰るように告げた。ヤコブは家族を連れて兄のところに向かった。その道中、何者かがヤコブに襲いかかり、夜明けまで格闘した。その人はヤコブには勝てず、「お前は神を打ち負かしたのだから、これからはイスラエルと名乗るように」と言ってヤコブを祝福した。ヤコブはエサウと再会し和解した。

【ラケル(Rachel)】 ヨセフの母で、トランプのダイヤのクイーンのモデルになっている。英語読みはレイチェル。


リベカとエリエゼル(Rebeca y Eliezer)
(プラド美術館 マドリッド)

ヨセフ
(Joseph)

 









年表に戻る

 ヤコブには12人の息子がいて、その息子たちがイスラエル12部族の祖、つまりユダヤ人の祖となった。彼は末っ子のヨセフをかわいがった。兄たちはこれをねたみ、ヨセフを奴隷商人に売り飛ばした。ヨセフはエジプトに連れて行かれ、ファラオの侍従長の奴隷となった。ヨセフは侍従長に気に入られたが、侍従長の妻の誘惑を拒否したため、無実の罪で投獄された。

 2年後のある日、ファラオは「七頭の痩せた牛が、七頭の肥えた牛を食べつくす」という夢を見た。その夢の謎を誰も解き明かすことができなかったが、ヨセフが解き明かした。「今から7年間エジプトは豊作だが、その後7年間は飢饉が続く。豊作の間に飢饉に備えよ」。

 ファラオは感心し、ヨセフを宰相に抜擢した。予言通り、すべての国が飢饉に襲われた。しかし、エジプトには穀物が豊富にあり、世界中の人々が集まってきた。その中にヨセフの兄たちもいた。ファラオは、一族を呼び寄せるように勧め、一族はそろってエジプトに移住した。その後イスラエルの子孫達はエジプトで奴隷にされ、400年後にモーゼに率いられてエジプトを脱出する。


兄弟と再会するヨセフ
 

モーゼへ→ 

【参考資料】
ユダヤ教の本 学習研究社