アーサー王伝説(King Arthur)

誕生

 

 

 

 

 

年表に戻る


魔法使いマーリン

 410年、ローマはイギリスから撤退し、その跡には多くのケルト人の国家が生まれた。イングランド王ウーゼルは、コーンウォール公の妻イグレインを見そめた。ある夜、魔法使いマーリンの力を借りて夫になりすまし、彼女のベッドに忍び込んだ。イグレインは身ごもり、男の子を出産する。その子はアーサーと名付けられ、騎士エクターの子供として育てられた。

 ウーゼルが亡くなると、彼には後継者がなく王位に空白ができた。そんなある日、カンタベリー寺院に剣の刺さった不思議な石が現れた。「この石から剣を抜いた者がイングランドの王である」

 多くの騎士が剣を引き抜こうとするが、誰も抜くことができない。ある日、偶然そこを通りがかった15歳のアーサーは、簡単に剣を引き抜いた。育ての親のエクターはアーサーに出生の秘密を打ち明け、彼がイングランド王に即位した。アーサーは反対派を鎮圧して国内を平定し、押し寄せてきたアングロ・サクソン人の侵略を撃退した。

 アーサーは都をキャメロットに定め、絶世の美人グィネヴィア(Guinevere)を妃に迎えた。

エクスカリバーと円卓の騎士


カンタベリー寺院

 アーサーの宝は、湖の精から授かった名剣エクスカリバーとアーサーに忠誠を誓った円卓の騎士である。騎士達の筆頭がフランス出身のランスロット(Lancelot)で、多くの武勇伝を残している。彼はトランプのクラブのジャックのモデルになっている。

トランプ
キング
クイーン
ジャック
オジェ・ル・ダノワ
ランスロット


【オジェ・ル・ダノワ(Ogier le Danois)】 デンマーク王ジョフロアの息子でカール大帝に仕えた。デンマークではホルガー・ダンスクの名で親しまれている。ローラン達と同様に異教徒との戦いで活躍する。デンマークのクロンボー城の地下に眠り、デンマークの危機には目を覚まして救いに駆けつけるといわれている。また、魔女モーガン・ル・フェイ(アーサーの義理の姉モルゴースの妹)が伝説の島アヴァロンへ連れ行き、今でも幸せに暮らしているという説もある。

ランスロット

 

 

 

 

 

年表に戻る


王妃グィネヴィア

 ランスロットはアーサーの妃グィネヴィアと不倫の恋に落ちてしまう。ある日、二人が密会しているところを円卓の騎士に見つかり、動転したランスロットは騎士達を殺して逃亡した。王妃は不義の罪で捕まり、火刑が宣告された。

 グィネヴィアの処刑の日が来た。薪が積まれ、まさに刑が執行されようとした時、ランスロットが現れ、グィネヴィアを救出した。この時、多くの騎士がランスロットの手にかかり命を落とした。アーサーはランスロットと戦うことを決断し、フランスに逃げたランスロットの後を追った。

 円卓の騎士はアーサー派とランスロット派の二つに分裂して激しく戦った。一進一退の攻防が続くなか、留守を守っていたアーサーの息子モードレッドが反乱を起こした。モードレッドは、アーサーの義理の姉モルゴースの息子で、アーサーが義姉とは知らずに愛して生まれた子供である。

アーサー王の死


アーサー王の最期の眠り(ポンセ美術館:プエルト・リコ)

 アーサーは反乱鎮圧のためイギリスに引き返した。この戦いでも多くの騎士が死んでいった。そしてモードレットとアーサーとの一騎打ちが行われ、アーサーはでモードレッドを倒すが、瀕死の重傷を負ってしまった。

 傷の深さを知ったアーサーは、エクスカリバーを湖に投げ込むように命令した。ためらう部下が剣を投げ入れると、水中から2本の手が現れ、剣を受け取った。そして、剣を空に向かって振り、水中に消えた。「余をあの舟へ」。岸辺には一艘の舟がいて、3人の貴婦人が乗っていた。一番美しい妃がアーサーを招きいれ、、頭を膝の上にのせて泣いた。彼女はモルゴースだった。二人は湖の彼方に消えていった。

 アーサーの死後、グィネヴィアは尼僧となり、ランスロットも世を捨てて神に仕えた。二人は二度と逢うことはなかった。グィネヴィアの死が伝えられると、ランスロットは食を絶って彼女のあとを追った。

 ローマ人が撤退したイギリスでは、先住民ブリトン人(ケルト人)と侵入してきたアングロ・サクソン人とが激しく戦った。結局サクソン人がイングランドの支配者となり、ブリトン人はウェールズやスコットランド、海を越えたブルターニュ(フランス)へと追われた。この戦いの中、一時的にサクソン人を破って平和を築いたブリトン人の英雄は長く語り継がれ、アーサー王の伝説になった。

 
【参考資料】
アーサー王伝説 アンヌ・ベルトゥロ 創元社