エーゲ文明
クレタ文明

 エーゲ文明はBC2600年頃からBC1200年頃まで、オリエントの影響を受けてエーゲ海に栄えた青銅器文明である。古代ギリシア最古の文明で、
 ・B.C.2600〜B.C.1200 トロイア文明
 ・B.C.2000〜B.C.1400 クレタ文明(ミノア文明、ミノス文明)
 ・B.C.1600〜B.C.1200 ミケーネ文明
などの文明がある。この文明はドイツのシュリーマンやイギリスのエヴァンスの発掘によって明らかになった。

 クレタ文明は、エーゲ海のクレタ島を中心に栄えた。クレタは、エジプトやシリアの影響を受け、麦・オリーブなどの農業や羊・やぎの牧畜が行なわれた。海上貿易が発達し、小アジアやシリアとの交易が行なわれた。BC2000年頃にクノッソス宮殿が建設され、BC1700年頃にはファイストス、マリア、ザクロに大きな宮殿が建てられた。宮殿を中心に都市が発達し、オリエントと違って城壁を持たない平和的な文明だった。文字も使用しており、初期の絵文字から線文字へと進歩し、粘土板に宮殿の会計などを記録した。


クノッソス宮殿 (Knossos)

ミノス王

 クレタ文明はミノス王の時が最盛期で、クノッソス宮殿を建て、強大な海軍力でエーゲ海の島々やアテネを支配した。この文明は、海上交易によってギリシャ本土や小アジアに広がった。ミノス王はゼウスエウロペの子供である。

BC1450年頃、クレタ島の北にあるテラ島(サントリニ島)で大規模な噴火が発生し、地震・津波・火山灰がクレタを襲った。クレタ文明は急速に衰え、その後のギリシア人の侵入により滅んだ。

左の絵は、クノッソス宮殿のフレスコ画:「青の婦人たち」


マリア遺跡(malia:クレタ島)
赤い糸の伝説

 クレタの王位を兄弟と争っていたミノスは、海の神ポセイドンに、「王になったら美しい牡牛を生贄にささげる」と約束した。ところがその約束を守らなかった。怒ったポセイドンは、王の妃パシパエ(Pasiphae)に牡牛を好きになる呪いをかけた。パシパエは牛と交わり、顔が牛、体が人間という化け物ミノタウロス(minotauros)を産んだ。

 ミノタウロスは成長すると乱暴になった。手を焼いたミノス王は、一度入ったら二度と出てこれない迷宮(ラビュリントス)をダイダロスに作らせ、そこにミノタウロスを閉じ込めた。そして、ミノス王が支配しているアテネから、少年7人と少女7人を生け贄として捧げさせた。

 生け贄の習慣に憤慨したアテネの王子テセウス(Theseus)は、自らが生贄となって迷宮に入った。その時、ミノス王の娘アリアドネ(Ariadne)は帰り道が分かるようにと赤い糸玉を渡した。テセウスは糸をほどきながら奥へ奥へと進んでいった。迷宮の奥でミノタウロスを見つけ、激しい戦いの末に討ち果たした。そして赤い糸をたぐりながら出口に向かい、無事に迷宮を脱出することができた。


ミノタウロスを倒すテセウス(美術史美術館 ウィーン)
エーゲ海とイカロスの翼

【エーゲ海】 テセウスはアテネ王である父のアイゲウス(Aigeus)に、「無事に怪物を退治したなら、白い帆をあげて帰る」と約束してクレタに向かった。しかし、ミノタウロスとの戦いでこの約束を忘れてしまい、黒い帆のままアテネに戻った。沖合いに浮かぶ黒い帆を見たアイゲウスは、息子が死んだと思い込み、悲しみのあまり海に身を投げた。この海がアイゲウスの名にちなみ、エーゲ海と名づけられた。

【イカロスの翼】 テセウスはアリアドネをアテネに連れて帰った。娘を連れ去られたミノス王は烈火のごとく怒り、迷宮を造った大工のダイダロス(Daidalos)とその息子イカロス( Ikaros)を高い塔に幽閉した。
器用なダイダロスは塔から脱出するために翼を作った。二人はそれを蜜蝋(ミツロウ)で体に取り付け鳥のように飛び立った。「あまり高く飛ばないように」とダイダロスは注意したが、夢中になったイカロスはどんどん高く飛び太陽に近づいて行った。すると蝋が溶け出して翼がはがれ、墜落して死んでしまった。

【テセウスのその後】 父の後を継いでアテネ王となったテセウスは、女だけの戦士集団アマゾン(Amazon) の女王ヒッポリュテをさらって妻にしたり、トロイ戦争の原因となったスパルタ王女ヘレネを誘拐するなどの乱行や冒険を繰り返した。そして、冥界の女王ペルセポネを略奪しようと長く国を留守にしたため、王位を追われ亡命先のスキューロス島で崖から突き落とされて死んだ。

ミケーネ文明

 

 

 

 

年表に戻る

 BC2000年にギリシア人の南下が始まった。第1次移動はアカイア人で、一部はクレタ島に渡り、クレタ文明を滅ぼした。BC1600年頃には、ペロポネソス半島のミケーネに城壁をめぐらせ、ミケーネ文明を築いた。ミケーネ文明の最盛期はBC14〜13世紀で、東はシリアやトロイ、西はシチリアと交易した。この頃、トロイ戦争でトロイを滅ぼした。

 BC1150年頃、突如勃興した海の民によってミケーネ文明は崩壊した。海の民はヒッタイトを滅ぼし、エジプトにも侵入している。

 第2次移動はBC1200年頃で、ドーリア人鉄器を持って南下してきた。先住のアカイア人はエーゲ海の島や小アジアに移住し、ミケーネ文明は崩壊、文字も失われた。BC1200〜BC800年頃までは、文字で書かれた史料がなく、ギリシャ史上の暗黒時代と呼ばれている。

 暗黒時代の後に、ポリスを中心とする古代民主制の時代が到来する。


ミケーネ遺跡 ライオン門
トロイ戦争
(トロイア:Troia)

 海の女神テティス(Thetis)がギリシアの王ペレウスと結婚する。女神と人間の結婚式なので、神々やギリシアの王様たちがやって来て大いに盛り上がる。しかし、一人だけ宴会に呼ばれなかった女神がいた。嫉妬と争いの女神エリス(Eris)。彼女は招待されなかったことに腹を立て、宴会場に黄金のリンゴを投げ込んだ。突然、転がり込んできた黄金のリンゴ、そこには「最も美しい女神へ」と書いてある。

 「そのリンゴは私のもの」と、3人の女神が名乗りを上げた。まずはゼウスの妻ヘラ、女神の中では一番偉い。次がアテナ、知恵と戦いの女神。そして愛と美の女神アフロディテ

 「私が一番美しいわよ」と、もめるが決着がつかない。3人はゼウスに、「誰が一番きれい?」って聞くが、ゼウスも困りはてる。一人を選べば残りの二人に恨まれる。そこで、ゼウスは美の判定者に決めさせることにした。判定者は羊飼いの少年パリス


トロイの遺跡(トルコ)
開戦

 女神たちはリンゴを手に入れるためパリスに買収工作をする。
  ・ヘラは、「世界の支配者にしてあげる」
  ・アテナは「あらゆる戦いに勝てる力を与えよう」
  ・アフロディテは「世界一の美女をあなたの妻に」
 パリスは、世界の支配よりも、勝利よりも、美女を選択した。

 最も美しい女神はアフロディテに決定、パリスはアフロディテの手引きで世界一の美女を手に入れ、トロイに連れ去った。その美女はスパルタ王メネラオスの妻ヘレネ、パリスは実はトロイの王子だった。

 妻をさらわれたメネラオスは怒り、兄のミケーネ王アガメムノン(Agamemnon)に相談する。ギリシアの盟主アガメムノンは、トロイ攻略を決断をした。

 ギリシア軍がトロイに出帆しようとした時、アルテミスの怒りで逆風が吹き船出できなくなった。アガメムノンは怒りを鎮めるため、娘のイーピゲネイアを海に捧げた。妻のクリュタイムネストラはアガメムノンを深く恨んだ。


対岸がトロイ近くのチャナッカレの町
アキレウスとヘクトル

 ギリシア軍には英雄アキレウス(アキレス:Achilleus)がいた。アキレウスは宴会の主役テティスとペレウスの子。テティスは人間である我が子を不死身にしようと、生まれるとすぐに不死の泉に浸けた。その時テティスはアキレウスの足首をつかんでいた。そこだけが泉につからず、唯一の弱点となった。これがアキレス腱。

 トロイの総大将は、パリスの兄のヘクトル(Hektor)で、老齢のトロイ王プリアモスに代わって全軍を指揮しギリシア軍を苦しめた。ヘクトルはアキレウスの親友パトロクロスを破った。アキレウスは烈火のごとく怒り、ヘクトルを一騎打ちで倒して、その屍を戦車で引きずりまわして辱めた。その夜プリアモスはアキレウスの陣に行きヘクトルの遺骸を引き取った。ヘクトルはトランプのダイヤのジャックのモデルになっている。

 その後もアキレウスの活躍は続き、トロイの武将を次々と討ち取っていった。ある日、トロイの城門で戦っていたアキレウスを狙ってパリスが矢を放った。矢は彼の唯一の弱点であるアキレス腱を射抜いた。無敵のアキレウスもこれが致命傷となって絶命した。


トロイに運ばれるヘクトルの遺骸(ルーヴル美術館)
木馬の計

 トロイ戦争が始まって10年が過ぎた。両軍とも名だたる英雄達は次々と死んでいった。それでも決着がつかない。そこで、ギリシアの名将オデュッセイウスは木馬の計を考えた。ギリシア軍は撤退するふりをしてトロイの海岸を引き払い、浜辺に大きな木馬を残した。木馬の中にはギリシア兵が隠れている。トロイ軍はその木馬を戦利品として城内に持ち込んだ。

 その夜、勝利の宴会が開かれ、トロイの兵士たちは酔いつぶれた。トロイが寝静まった深夜、木馬に隠れていたギリシア兵が這い出してきて城門を開いた。外で待機していたギリシア軍が一斉に城内に乱入した。

 不滅のトロイは炎上して滅んだ。


トロイの木馬
ラオコン
(Laocoon)

 トロイのアポロン神殿の神官ラオコンは、木馬の計を見破り、木馬の城内搬入に反対した。ギリシアを味方する女神アテナはこれを怒り、ラオコオンの両目を潰した。さらに、2頭の蛇の怪物にラオコオンと子供たちを食べさせた。


ラオコン像
(ヴァチカン博物館 Musei Vaticani)

 トロイの英雄アイネアスは燃えさかる祖国に涙しながら脱出した。そして、多くの苦難を乗り越えてカルタゴからイタリアに渡り、その子孫がローマを建国した。彼は女神アフロディテとトロイの王族アンキセスとの間に産まれた子供。


父アンキセスを背負い、妻子を連れて脱出するアイネアス
ボルゲーゼ美術館(ローマ)

ホメロス
(Homeros)

 アキレウスの活躍を中心にトロイ戦争を描いた叙事詩がイリアスで、作者はBC8世紀のギリシアの詩人ホメロスである。トロイの首都はイリオス(Ilios、またはイリオン)で、イリアスというのは、イリオスの話という意味。姉妹作オデュッセイアは、ギリシアの知将オデュセイウスがトロイから故郷に戻るまでの20年間の苦難の旅を描いた物語。彼の妻がペネロペ。夫の留守中に手を出す多くの男を拒否し、無事の帰りを待ち続けた。

【カッサンドラ(Kassandra)】 パリスの妹カッサンドラアポロンに愛され、未来を予知する能力を与えられた。そこで彼女は自分の未来を予知してみると、愛が冷めて自分を捨てていくアポロンの姿が見えた。彼女はアポロンの愛を拒絶、アポロンは怒り彼女の予言を誰も信じないようにする呪いをかけた。

 カッサンドラは、「木馬はトロイを破滅する」と予知して、城内に入れることを反対した。しかし、誰も信じてくれなかった。トロイが落城すると、彼女はアガメムノンの戦利品となり、ミケーネに連れ去られた。凱旋したアガメムノンは、彼の妻クリュタイムネストラと情夫のアイギストスに殺された。悲劇の王女カッサンドラも二人に殺害された。カッサンドラは「不吉、破局」といった意味の言葉に使われている。

 クリュタイムネストラはトロイ戦争のきっかけになったヘレネの姉で、母はゼウスに愛されたレダである。


ユリシーズとセイレーン(チュニジア:バルドー博物館)

【ユリシーズ(Ulysses)】 オデュセイウスの英語名
【セイレーン】 上半身が女で下半身が鳥の怪物。美しい歌声で船乗りを惑わせ、船を岩に衝突させる。オデュセウス達がその海域にさしかかると、水夫たちの耳に蝋を詰めて歌声を聞こえないようにし、自らは身体をマストに縛り付けて動けないようにして、乗り切った。「サイレン」の語源。

年表に戻る

 

【参考文献】
東地中海の文明