ローマ帝国 (建国〜共和制)
ローマ建国
マルスとレアシルヴィア(リヒテンシュタイン美術館 ウィーン)

 トロイの英雄アイネアスは、トロイを脱出してカルタゴで暮らし、女王ディドを振り切ってイタリアのラティウム(ラテン人の町)にたどり着いた。アイネアスは美と愛の女神ビーナスの息子。素晴らしい容姿に夢中になったのが、ラティウムの王女ラウィニア。やがて二人は結婚し、新しい町ラウィニウムを建設した。アイネアスが死ぬと、トロイから苦楽をともにしてきた息子のアスカニウスが後を継いだ。彼は、ラウィニウムを義母に譲り、新しくアルバ・ロンガ王国を築いた。

 それから300年以上過ぎ、アルバ・ロンガ王国13代目の王はプロカだった。彼には2人の息子がいた。兄のヌミトルと弟のアムリウス。 プロカがなくなるとヌミトルが王位を継承したが、アムリウスは力ずくで王位を奪った。ヌミトルの娘レア・シルヴィアは、結婚がゆるされないウェスタ(ヘスティア)の巫女にされてしまった。その巫女に一目惚れしたのが軍神マルスで、二人の間に双子の男の子が生まれた。アムリウスは怒ってレアを殺し、双子を籠に入れてテヴェレ川(Tevere)に流した。

ロムルスとレムス
パラティーノの丘に残るローマ遺跡

 この双子がローマ建国神話の主人公、ロムルス(Romulus)と レムス(Remus)。二人はオオカミに乳をもらって育ち、やがて羊飼いの夫婦にあずけられた。成人した二人は自分達の素性を知り、羊飼い仲間を率いてアルバを攻めアムリウスを倒した。アルバ王には祖父のヌミトルが復位した。

 やがて二人は対立し、どちらが王になるべきかを鳥占いで決めることになった。鳥占いは、二人が別々の場所に立ち、沢山の鳥が早く現れた方が勝ちというもの。まずアウェンティーノの丘にいたレムスの方に6羽が現れた。パラティーノの丘(Palatino:英語Palace)のロムルスの方には遅れて12羽が現れた。二人とも勝利を宣言したが、レムスは都市の境界線を越えて挑発したためロムルスに殺された。

 こうして、ロムルスが支配者となり、BC753年にテヴェレ川のほとりにローマを建国した。ラウィニウムやアルバからは大勢の市民が駆けつけてきた。

王政

 

 

 

 

 

年表に戻る


サビニ族の女達の略奪(フィレンツェ ロッジア・ディ・ランツィ)
The Rape of the Sabine Women

 この頃のローマには女性が少なかった。そこでロムルスは近くに住むサビニ族の女達に目をつけ、奸計で多くの未婚女性を略奪した。サビニ族はローマに攻め込むが、既に子を産んでいた女性たちは戦争の中止を訴えた。「ローマが勝てば私は父を失い、サビニが勝てば子供が父を失います。どっちが勝っても私たちは不幸になります」。

 ロムルスの妻ヘルシリアもその一人だった。ローマは近隣部族を併合しながら国力を増大させていった。 ロムルスの時代に王を補佐する元老院が創設された。ロムルスが死ぬと市民は元老院に王を選ぶ権利を与え、元老院に権力が集中するようになった。

2代目
ヌマ・ポンピリウス
サビニ族の王。法やを整備した
3代目
トゥッルス・ホスティリウス
アルバを併合し対外攻勢を強めた
4代目
アンクス・マルティウス
ヌマの孫
5代目
タルクィニウス・プリスコ
ローマの勢力圏は一段と拡大
6代目
セルヴィウス・トゥリウス
ローマを城壁で囲い、軍事制度を改革した。タルクィニウスに殺される
7代目
タルクィニウス・スペルブス
暴君だったため遠征中にローマ市民によってローマを追放され、ローマの王政が終わった。

 【SPQR】 ローマでよく見かけるこの文字は、ラテン語で「Senatus Populusque Romanus」:元老院とローマの市民。

共和政へ


パラティーノの丘から見たチルコマッシモ(古代の戦車競技場)

 BC509年、最後の王タルクィニウスを追放したローマは、終身の王に代わり任期1年の2人の執政官(コンスル:Consul)が治める共和政になった。執政官は市民集会で選出され、元老院で承認された。

 共和制がスタートした直後は、最後の王タルクィニウスの巻き返しや近隣都市の侵略があった。しかし、それを乗り越え次々と周辺都市を同盟国化していった。

 国が大きくなると、貴族と平民の対立が起こった。政治は貴族の手に握られており、平民は参政権を要求した。そして、BC494年、平民出身者の役職である護民官の制度ができた。護民官は執政官の下す決定に拒否権を行使できた。

 BC451〜450年にかけて、貴族が独占していた法体系を平民に公開した十二表法が制定された。また、全ての政治の要職を平民に解放したリキニウス法や、平民会決議は元老院の承認なしで国法とするホルテンシウス法が制定され、平民の権利が拡大された。

ポエニ戦争
カルタゴ遺跡

 BC390年、ケルト族が来襲しローマは7ヶ月間にわたって占拠された。しかし、身代金を払って追い払い再び独立を回復した。その後ローマはエトルリア人の都市やギリシアの殖民都市を次々と併合し、BC270年に全イタリア半島を統一した。

 地中海へ目を向けたローマは大国カルタゴとぶつかった。シチリアのメッシーナとシラクサの抗争がきっかけで、100年以上にわたるポエニ戦争が勃発した。

 ローマは第1次ポエニ戦争で勝利し、シチリアを獲得した。その20年後、カルタゴの名将ハンニバルがイタリアに侵攻し第2次ポエニ戦争が始まる。ローマは各地で破れ、カンネでは壊滅的な打撃を受ける。しかし、名将スキピオはスペインを平定し、アフリカに上陸した。そして、ハンニバルとザマで戦い破った。その60年後の第3次ポエニ戦争でカルタゴを完全に滅ぼした。

 その後、ローマはギリシアやマケドニア、シリアに進出し征服した。

年表に戻る
【参考資料】
ローマ人の物語  塩野七生 新潮文庫