ギリシア その1
ギリシア世界

 地中海沿岸は、小アジアからイベリア半島まで、共通の自然条件を持っている。土地は石灰岩質でやせ、雨は少なく、オリーヴやブドウの栽培と羊の牧畜に適している。人々は海岸に沿って都市を作り、地中海は都市と都市を結ぶ交通路だった。各地の特産品が取引され文化が相互に伝播した。ヨーロッパ古代文明に大きな役割を果たしたのはギリシア人とイタリア人である。

 BC2000年頃、ギリシア中部のテッサリアからギリシア人(アカイア人)がバルカン半島を南下し、ペロポネソス半島に定住してミケーネ文明を築いた。ギリシア人の第2次移動はBC1200年頃で、ドーリア人が鉄器をもって南下、ミケーネ文明を破壊した。先住のギリシア人はエーゲ海の島や小アジアに移住した。ギリシアは鉄器時代に入った。


ミケーネ王アガメムノン(アテネ考古学博物館)

ポリス

 ドーリア人の侵入による混乱は、BC800年頃におさまり、各地に分立したギリシア人は1000〜1500の都市国家ポリスを作った。ポリスはそれぞれが独立国家で、戦争が絶えず、一つの国にまとまることはなかった。

 しかし、ギリシア人は共通の言語や宗教、デルファイのアポロン神殿の神託、オリンピアの祭典により、一つの民族としての同胞意識を失わなかった。自分たちをヘレネス、異民族をバルバロイ(汚い言葉を話す人)と呼んで区別した。ポリスには当初は王がいたが、オリエントのような専制君主ではなく、実際の政治は貴族が行っていた。身分制度は、貴族、平民、、奴隷の3種類があった。 

 ポリスの真ん中に小高い丘アクロポリスがあり、神殿が建っている。ふもとにはアゴラと呼ばれる広場があり、ここが政治、経済の中心である。市民たちはここに集り、商業や政治、裁判が行われた。その周りに市民の住宅があり、その外に城壁が築かれていた。ポリスは日本の県くらいの大きさで、代表的なポリスがアテネスパルタ

【バルバロイ】 野蛮人のこと。バーバリアン(barbarian)の語源。


パルテノン神殿

宗教

 

 

 

年表に戻る

 宗教は、ギリシア神話の主神ゼウス、その妻ヘラ、ポセイドン(海と大地の神)、アポロン(太陽の神)、アテナ(知恵の神)、アフロディテ(美の女神)などオリンポス12神(オリンポス山にすんでいる神)が信仰された。

 デルフィ(Delphi)の守護神アポロン神の神託は有名で、全ギリシアのポリスが宣戦・講和・植民の是非などを尋ねた。


古代オリンピックの入場門

デルフィのアポロン神殿
大ギリシア(マグナ・グレキア:Magna Grecia)

 ポリスの人口が増加し土地が不足してくると、ギリシア人は黒海沿岸やイタリア、シチリアに進出して植民都市を建設した。代表的な町は、フランスのマルセイユ、トルコのイスタンブール、シチリアのシラクサ、メッシーナなどである。ギリシア人が植民した南イタリアやシチリア島一帯をマグナ・グレキアといい、大ギリシアを意味する。

 海外貿易が盛んになると、リディア王国から伝えられた貨幣を使用し経済が発達した。平民の中に豊かな者が現れ、徐々に政治にも参加するようになった。

 BC6世紀にアテネの政治家ソロンは、持っている財産によって市民の権利を定めた(ソロンの改革)。また、クレイステネスは僭主の出現を阻むため陶片追放の制度を設けた。こうしてギリシアの民主主義が形成されていった。

【陶片追放】 陶器の破片に悪い指導者の名前を書いて投票し、それが6000票以上になると、10年間国外に追放する制度。僭主(せんしゅ:tyrant):皇統や王統の血筋でなく、力で君主の座を奪った者。


ミレトスの遺跡
イオニアの反乱
 小アジアの西岸イオニア地方には、ミレトスを中心とする多くのギリシア植民都市が建設された。イランに起こったアケメネス朝ペルシアは小アジアやエジプトに進出し、イオニアの植民都市もペルシアに征服された。BC500年、ペルシアの圧政対してミレトスを中心に植民都市が反乱を起こした。イオニア植民都市はギリシアに救援を求め、アテネとエレトリアは軍艦を派遣した。

 ペルシアはすばやく反撃し、BC494年にイオニアの諸都市は占領され、反乱は鎮圧された。ミレトスは徹底的にペルシアに破壊され、男は全て殺され、女子供は奴隷としてスーサに送られた。

 BC492年、ペルシアのダレイオス1世は、イオニアの反乱に加担したアテネとエレトリアを懲らしめるためギリシアに遠征軍を派遣した。こうして3回にわたるペルシア戦争が始まった。

年表に戻る

ギリシア その2へ→