アメリカの歴史 その1
アメリカ大陸の発見

 約3万年〜1万年前の氷河期に、アジアからモンゴロイドが凍結したベーリング海を渡って北アメリカ大陸にやって来た。彼らインディアンは統一国家を作らず、部族毎に分かれて生活していた。10世紀の末には、ノルマン人(ヴァイキング)も北米に渡ったという記録もある。

 1492年、スペインのイサベル女王の命を受けたコロンブスが西インド諸島に到達し、アメリカ大陸の存在がヨーロッパに知れ渡った。スペインは金を求めて中南米に進出した。しかし、北米には手が回らずテキサスやフロリダあたりを植民地化するにとどまった。

 一方、イギリスやフランス、オランダなどの新興諸国は、スペインに遅れて海外に進出していった。イギリスは1497年にイタリア人ジョン・カボットを北米に派遣しニューイングランドの領有を宣言した。フランスは1525年にヴェラッツァーノ(Verrazzano)をアメリカ東海岸に派遣、1534年にはジャック・カルティエ(Jacques Cartier)がセントローレンス川を遡ってカナダを領有した。

 アメリカ進出に積極的だったのはイギリスとフランスだった。イギリスはボストンを中心とするニューイングランドに、フランスはルイジアナに植民地を築いた。また、オランダはニューヨーク(当時の名前はニューアムステルダム)やニュージャージーに、スウェーデンはデラウェアに、スペインはフロリダに植民地を築いた。

【コロンブス・デー】 10月の第2月曜日で、コロンブスのアメリカ発見を記念する日である。しかし、この日はインディアンに対する領土略奪と虐殺の始まりの日であり、彼らは「インディアン虐殺の日」として抗議活動を行っている。

メイフラワー号(the Mayflower)

 

 

 

 

 

年表に戻る


メイフラワー号(プリマス Plymouth)

 1620年9月、イギリス国教会の弾圧を受けた清教徒102人は、メイフラワー号でイギリス南西部プリマスから新天地アメリカに旅立った。66日の苦難の航海の末、マサチューセッツ州プリマスにたどり着いた。彼らはピルグリムファーザーズ (Pilgrim Fathers)と呼ばれる。そのうちのピューリタンである41人が「法に服従する」ことを誓ったメイフラワー誓約(Mayflower Compact)に署名した。これがアメリカの国の形となった。

 見渡す限りの荒野に降り立った彼らは厳しい冬を迎えた。厳寒と病気のため半数以上の人が死亡した。インディアンの助けによって生き残った人々は理想社会の建設に向ってひたすら働いた。しばらくすると、インディアンとの紛争が始まった。当初は友好的だった彼らも増え続ける移民に土地を奪われ怒りを爆発させた。入植者達は邪魔者となったインディアンを虐殺した。この征服戦争は1890年まで続いた。

【感謝祭(Thanksgiving Day)】 ピルグリムファーザーズの最初の収穫を記念する行事。インディアンの助けによって厳しい冬を乗り越えた彼らは、翌秋に多くの収穫に恵まれた。彼らはインディアンを招待し、神の恵みに感謝して一緒に食事をとった。アメリカの祝日(11月の第4木曜日)で七面鳥を食べる習慣がある。

【ピューリタン(Puritan)】 イギリス国教会の改革を唱えたプロテスタント(カルヴァン派)のグループ。清教徒革命(ピューリタン革命)など市民革命の担い手となった。清潔、潔白などを表すPurityに由来する。

北米植民地戦争
インディアン戦争(フレンチ・インディアン戦争)

 移民の流入は続き東海岸にはヴァージニアを皮切りに13のイギリス植民地ができた。北方のカナダや、西のルイジアナは、フランスの植民地だった。そのため、ヨーロッパでイギリスとフランスが戦うと、植民地でも両国間の戦争が起こった(ヨーロッパの七年戦争の時は北米ではフレンチ・インディアン戦争が戦われた)。この一連の植民地における戦争は北米植民地戦争といい、1763年まで続いた。フランスはイギリスに敗れ、カナダはイギリス領に、ルイジアナはスペイン領となってフランスは北米から駆逐された。

 インディアンは、戦争のたびに英仏のどちらにつくか迫られ、どちらが勝っても領土は没収された。イギリスは北米東海岸を制圧し、インディアンを追いながら西へ領土を拡大していった。また、自国経済保護のため植民地の工業化やイギリス以外の国との貿易を禁じた。更に、戦費を捻出するため、印紙法タウンゼンド諸法などを制定し植民地に重税を課した。タウンゼンド諸法とは、植民地に輸入された茶、紙、塗料、鉛、ガラスなどに課税する法律である。

 植民地側はこれに強く反発し、印紙法は廃止、タウンゼンド諸法も茶税のみを残して廃止することに成功した。

ボストン茶会事件(Boston Tea Party)
ボストン茶会事件(Boston Tea Party)

 1773年、大量の紅茶を積んだ東インド会社の船がボストンに入港してきた。東インド会社は植民地で茶を独占販売し、行き詰まった財政を立て直そうと考えていた。茶税に不満を持つボストン市は、茶の荷揚げを拒否、船は荷揚げのチャンスをうかがいながらボストン港に停泊した。

 ある夜、50人ほどのボストン市民が停泊中の船を襲撃し、342個の紅茶箱を海に投げ捨てた。これがボストン茶会事件である。イギリスは怒り、ボストン港を閉鎖してマサチューセッツの自治を剥奪した。これに対して13植民地の代表はフィラデルフィアに集まり、第1回大陸会議を開いた。そして、イギリス製品をボイコットすることを決議、情勢は緊迫していった。

【13植民地(Thirteen Colonies)】 アメリカ合衆国として独立した建国時の13州
 ・ニューハンプシャー、マサチューセッツ、ロードアイランド、コネティカット
 ・ニューヨーク、ニュージャージー、ペンシルベニア、デラウェア
 ・メリーランド、ヴァージニア、ノースカロライナ、サウスカロライナ、ジョージア

アメリカ独立戦争( The American Revolution)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年表に戻る


サラトガの戦いで降伏するイギリス軍


2ドル紙幣の裏面に描かれたアメリカ独立宣言の場面

 1775年年4月、ボストン郊外のレキシントン(Lexington)とコンコード(Concord) でイギリス軍と植民地軍が衝突、独立戦争が始まった。「1発の銃声が世界を変えた:shot heard 'round the world"」。 寄せ集めの植民地軍は果敢にイギリス軍と戦った。イギリス軍は強力だったが兵力が少なく、ワシントン率いる植民地軍に苦戦した。

 戦いが続く1776年、大陸会議はアメリカの独立を決定し、トーマス・ジェファーソン (第3代大統領:Thomas Jefferson)らが起草した独立宣言を採択した。アメリカ軍優勢の状況をみて、1778年にはフランスが、続いてスペインやオランダもアメリカ側に付いた。イギリスは孤立した。1781年、米仏連合軍はバージニア植民地のイギリス軍拠点ヨークタウンを包囲し、降伏させた。このヨークタウンの戦い(Battle of Yorktown)で植民地軍の勝利が確定した。

 1783年、パリ条約が締結され、イギリスはアメリカの独立を認めた。1787年、アメリカ合衆国憲法が制定され、1789年には初代大統領ワシントンが選出された。

【ミニットマン】 アメリカ独立戦争当時からの民兵組織で、招集されたら1分(minute)で駆けつけるからその名がついた。

【コーヒーの普及】 ボストン茶会事件後、アメリカでは紅茶をボイコットする者が多くなり、代わりにコーヒーが普及した。

米英戦争


イギリス軍の焼き討ちにあうワシントン

 1803年、アメリカはフランスのナポレオンからルイジアナを1500万 ドルで買収した。ルイジアナはミシシッピ川流域のアイオワ、アーカンソー、オクラホマなど15州にまたがる広大な土地だった。第3代大統領トーマス・ジェファーソンは、ナポレオンにニューオリンズの買収を提案、ナポレオンはカナダのイギリス軍からルイジアナを守ることは不可能と判断し、破格の価格で売却を決定した。アメリカの領土は一気に倍になった。

 その数週間後、ナポレオン戦争が始まりフランスとイギリスは開戦した。アメリカは中立の立場をとった。イギリスはナポレオンの大陸封鎖令に対抗して逆封鎖を行い、アメリカの農産物輸出は大打撃を受けた。そして、アメリカはイギリスに宣戦布告、米英戦争が始まった(1812年)。

 戦いは五大湖やカナダ、大西洋における海戦、イギリスを支援するインディアンとの間で行われた。互いに決定打を欠いたまま両国は疲弊し、1814年12月に講和した。アメリカはインディアンから広大な土地を奪った。

【アメリカ国歌(Star-Spangled Banner:星のきらめく旗)】 メリーランド州ボルチモアのマックヘンリー要塞に立てこもったアメリカ軍に、イギリス軍は激しい艦砲射撃を加えた。アメリカ軍はこれに耐えた。翌朝、砦の上にひるがえる星条旗を目にしたスコット・キーは、星条旗を称える詩を詠んだ。後にメロディがつけられてアメリカ国歌となった。

年表に戻る 【参考資料】